夏の寝苦しい夜 エアコンの冷えから身を守ってぐっすり寝る方法 

  1. ホーム
  2. 健康
  3. 夏の寝苦しい夜 エアコンの冷えから身を守ってぐっすり寝る方法 

こんにちは、管理人サイナです。

今日から8月。

暑いですねぇ~

しかも連日熱帯夜です。

夏の熱帯夜、寝つきが悪いし
寝苦しくて
翌朝疲れが取れていない
どうしたらいいの

熱帯夜でも次の朝がだるいのがいやで

ついついタイマー設定して

寝たらクーラーが切れる設定にしてしまいがち。

でも、これ危ないんですって。

家の中でも、気温と湿度が高いと熱中症になる!

一晩中クーラーをつけて寝るのが、熱中症予防の観点からもおススメ

しかし、いづれのエアコンの使い方でも「暑くて寝苦しい」のは同じ

温度管理だけでなく、快眠には「湿度管理」も必要です。

翌朝だるくならず、快適に寝られる方法を紹介します。

寝苦しくて寝つきがわるい、
寝ても暑くて起きてしまう
翌朝だるいし疲れもとれない

そんな悩みを解消します。

私もこの熱帯夜で悩まされていました。
これをしたら、翌朝まですやすや眠れるようになったので
同じ悩みを持つ人に試してほしいと思います。

熱帯夜でも朝までぐっすり寝ましょう(*^_^*)

熱帯夜ではクーラーをつけっぱなしがおススメされる理由

熱中症予防のためにつけっぱなしをおすすめされています。

ですが、ただ室温を下げるだけではダメ

ドライ設定にします。

私は寝るとき28度設定にしています。

28度設定では部屋の「湿度」がたかいと

汗がなかなか乾かず、

不快感とともに体温調整も上手くいかず

寝つきが悪くなるということに。

なので、ドライ推奨です。

また室温が低すぎると(経験あると思いますが)

血行が悪くなり、かえって体内に熱がたまって

よく眠れない状態になります。

クーラーをつけっぱなしで寝ても冷房病にならない方法

①ふとんの位置

クーラーの風が直に当たらない場所で寝るようにするといいです。

うちは隣の部屋がつながった間取りなので、

隣の部屋のエアコンをつけて、ドアを開けています。

2部屋冷やしてしまいますが、

そのくらいでちょうどいいです。

②扇風機の向き

扇風機は天井や壁に向け、直接体に当たらないよう。

部屋を一周してきた「かすかに風を感じる」程度が

寝入りやすく感じます。

③締め付けないパジャマ

薄手の長袖長ズボンのパジャマを着ています。

かすかですが、ずっと風が当たるので

空気の通りのよいものを着ています。

古くなった大きめのTシャツを代用したり

ワンサイズ大きめのガーゼや麻素材のパジャマなどがおススメです。

④おなかを守る「腹巻き」

内臓を冷気から守るために、

おなかの弱い方は締め付けの無い薄手の腹巻きをすると

翌朝体の冷えからくるだるさから守れます。

大判の薄手のガーゼタオルを巻いてもいいですね(*^-^*)

 

 

⑤ゆったりした靴下

ゴムが伸びきったようなゆるゆるの靴下で

足元をガードしています。

足元は結構汗をかくので

木綿やシルクのお休み用靴下がいいです。

冬もゆるゆる靴下ですぐに寝入れますので

これもおすすめです。

⑥抱き枕

抱き枕を使うと

ふとんと体のあいだにすきまができ

空気の通りがよくなり寝やすくなります。

寝苦しい熱帯夜でも快眠できるよう
いろいろ試してみました。
お役に立てばうれしいです。